2010/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅桜

2010年12月27日 00:03

tanpatsudurakugaki.jpg

明らかに力尽きてしまっている絵ですけども、とりあえず描いておきたかった。
紅桜篇、映画館で見れなかったのでついDVDを買ってしまいました!
どうせだから・・・と、つい限定版を買ってしまいました!!

アニメで一度見たとはいえ、やっぱりヅラ再登場シーンから終わりまでは本当にうほほーい!てなりますね!!!
銀桂二人の立ち回りがこれぞ映画!という力の入れっぷりで本当にかっこよかったです。
最初と最後のグダグダっぷりもアニメ銀魂ならではでした。
まさかのキャラの出演に、そして大物すぎるゲスト・・・いやぁ、ビックリですw

幼少時代の皆さんも本当に可愛くて・・・!
小太郎くんがものっそいキラキラしてました!!
そして松陽先生ステキ。

アニメ第二期も始まるので幼少時代そろそろどうですかね、空知せんせー!!!


スポンサーサイト

りょうまでん(完)

2010年12月07日 23:24

ついに終わってしまいました、龍馬伝。
途中からめっきり感想書かなくなっておりましたが、全部きっちり見届けました!

思い返せば・・・


桂小五郎さん役に谷原さんが来て歓喜していたあの頃。
でも桂さんの扱いは基本的に悪いということは心得ておりましたので不安だったあの頃。
龍馬伝なのに、桂さん桂さん言ってたあの頃。

一年を通してみると・・・わりと出番が少なかった訳で。
意外だったのは高杉さんが予想以上に龍馬さんと関わりがあり、沢山出ていたことでしょうか。
脚本書いてる方はヒーロー的存在というか・・・そういう人をメインにするのが好きなんでしょうかね?

何気に期待していた中岡慎太郎さんの出番も全然なかったのが残念。
やっぱり龍馬さんだけが目立つ展開になってしまいましたね。
いや、まぁ龍馬伝なんだけども!

そしてビックリしたのが岩崎やたろーさん。
ドラマではあれだけ龍馬さんと交流があったかのように書かれていましたが、本当はそこまででもなかった模様?
ちゃんと調べていないので分からないですが。
あのドラマのもう一人の主人公がまさか幼馴染設定から違っていたとか驚愕的事実・・・!
大河ドラマってどうしても史実に沿ったものなのかと思って見てしまうので駄目ですねぇ。

やたろーさんといえば、最終回のあの最後のシーン何事?!
あれ何ですか?? あれ何を伝えたかったの????? あのシーンいる???????
どうやら亡くなったところ(直前?)・・・らしいですが。うぅ?・・・ん。


あと地味に気になったのが、大政奉還後も新撰組の沖田さんが元気そうだったことw
あの頃ってもうそんなに出歩けるような感じじゃなかったんじゃ?




・・・さて、わりとマイナスなことばかり綴っておりましたが言い出したらキリがないので個人的によかったところ!
何より配役!!!
桂さんは、元々好きな役者さんだった上にあの穏やかな感じ素晴らしかったです!
高杉さん「あ、高杉さんだ!」て感じでした!まさに!
大久保さん、ミッチーだったのにかなり驚いたんですが、あの冷たい眼差しが素敵でした。全然違和感感じなかったです。
近藤さん、あの何ともいえない不気味な雰囲気が結構好きでした。原田さん凄い!
弥太郎さん、あの方のツンデレ演技すごかった!もう、この人がいれば間違いなしって感じでした。


意外と長くなった。
一年分にしては内容が薄いですが、こんな感じでした。
いつかこんな素敵な配役で長州側を放送してくれることを期待!!!
脚本家は別の人が良いな・・・はは。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。